10 «  2017 / 11  » 12
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
「本」と「人」をつなぐお手伝いができるよう、日々精進する書店人のぺえじ
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
お礼言ってきました 
 2010/08/26 Thu 22:49:40  E d i t
・・・というわけで有川先生来店しました!


有川浩好きの書店さんを巡る表敬訪問とのことでうちの書店にも来てくれることになったのです!
相方からこの話を聞いたヘタレやファンの元アルバイトの子が事務所に駆けつけた…というわけです(笑)

でもいちばん喜んだのは相方だろうなぁ…
前回は「キケン!」刊行記念の親睦会に出られなくてすごく残念がってましたから。


ちなみに神奈川に来るのは初めてとのこと。
横浜の主要書店は回ったそうなので、横浜在住の方はサイン本をゲットできるチャンスですよ!!


うちの書店には16時ごろに来店しました。

ヘタレ以外にもファンの元アルバイトの子が来ていて先生が来るのを今か今かと待ち受けていたのですが
うちの書店はファンの人がとくに多かったそうで、先生が到着して事務所前で出迎えたヘタレたちを目にして

「これから東野(東野圭吾)先生も来るんですか!?」と驚かれました(笑)

ファン人口が多い書店はうちが初めてだったみたいです。


文芸・文庫担当との名刺交換の後、書店員用に為書き付きのサインを書いてもらいました。

殆どの人は名前を書いてもらっていましたが、
相方は名前の他に「『猫剥げかけ』と書いて欲しい」とリクエストしてました。

さすが書店一のファン!リクエストも他とはひと味違います。


相方の次はヘタレの番です。
ヘタレも名前(本名)とサインをお願いしたのですが、
実はもうひとつだけ先生にお願いしたいことがあったのです。

けれども皆の前でそれをお願いするのは恥ずかしかったですし、
相方も「やめて~っ!」と言っていたのでちょっと抵抗があったんです。

でも先生から「何かリクエストはありますか?」って聞かれてその迷いは吹っ切れました!


ヘタレ:「すいません、この写真の裏にサインをいただけないでしょうか?」


ヘタレが取り出した写真…それは先月の阪急電車の旅に行ったときに小林駅で2人で撮った写真です。

先生の本が付き合うきっかけとなったことを本人に直接伝えたかったんですよね。

こんな個人のわがままも先生は快く引き受けてくれました!



サインいろいろ



ちなみに上が写真の裏に書いてもらったサインです。

「お幸せに」のおまけ付きです!

最後に先生と握手!

もう感激しっぱなしです!!(涙)


書店員用のサインが終わった後は店頭販売用のサイン本作り。

今回は「ストーリー・セラー」以外の本もサインしてくれるという大盤振る舞いで
こちらが用意していたすべての既刊にサインをしてくださいました!

驚いたのは先生のサインを書くのが早いこと早いこと!(笑)

前に来店してくださった百田先生のときは結構ゆっくりと書いていたんですが、

サインを書く先生、落款を押す編集、紙を挟み積んでいく営業の呼吸の合った流れ作業で
あっという間に用意した本すべてにサインしてしまいました!

さらにこちらのわがままでパネルやPOPにもコメント付きのサインまで書いていただいて…(汗)
今は部外者のヘタレのほうが恐縮してしまうほどです(笑)

でもパネルやPOPにサインしながら、

「書いたぶんお店の広い範囲で展開してくれるんですよね?」

という言葉の中に有川先生の作家魂を見ました(笑)


最後に全員で写真を撮ってお見送り。

ついでに帰りのエレベーター前でもヘタレのケータイで写真を撮ってもらいました。

…相方と一緒に(照)





デビュー当時から追っかけてた作家さんとの対面。

今日のことを絶対に忘れません。

本屋で働いててよかった。

相方に出会えて本当によかった。



有川先生!ありがとうございました!!(敬礼)

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lupus1981.blog83.fc2.com/tb.php/788-4d46248d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ヘタレオオカミと文庫の森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。