09 «  2007 / 10  » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
「本」と「人」をつなぐお手伝いができるよう、日々精進する書店人のぺえじ
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
惜しいっ! 
 2007/10/31 Wed 23:19:01  E d i t
10月ももうすぐ終わりますね。

このブログの「月別アーカイブ」を確認してみたら、今月の更新回数が29回、
今日の更新を含めると30回と過去最多となりました。

…もうちょっとで毎日更新達成だったのになぁ。

来月はヘタレのブログ1周年。
来月こそは達成できるよう頑張ろう。
スポンサーサイト

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/31 Wed 03:01:35  E d i t
お昼前に出勤すると、事務所の前にあるバックヤードに大量の箱が積んでありました。
一体何事かと店長に聞いてみたら…

店長:「この箱ねー…全部…クリスマス絵本なの…(涙)」

「そんなバカな」と箱を開けてみると、クリスマス向けの絵本がぎっしり!
うわー…カルタまであるよ…(汗)

これらの本はすべて本社が版元に注文したクリスマス絵本セットで、
取次さん(注:本の問屋さんのこと)が小出ししてくれればいいものを、
わざわざ全部まとめて送ってきたんです。

ヘタレ:「…これは、我々に『死ね』とおっしゃっているのですか?(涙)」

店長:「きっとそうだよ…うん…そうに違いない…(涙)」


事務所の前に高くそびえる段ボール箱の塔。
「これで段ボールハウスを作ったら面白いかもな…」などと頭の中で現実逃避しそうになりましたが、
店長とのコンビプレーでなんとかその日のうちに品出し完了しました。

もう、しばらくはクリスマス絵本見たくないやー(涙)

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

ありがとうの気持ち 
 2007/10/30 Tue 01:55:42  E d i t
「本を探して欲しい」とヘタレに声をかけてきた50代くらいの背広を着た男性のお客さん。
お客さんが探していたのはパソコンの入門書でした。

入門書の中ではかなり有名な本だったので、そのまま売り場まで案内。
大抵のお客さんは欲しい本を買ってそのままお店を出ていくのですが、
このお客さんは違いました。

案内を終えて別の場所で作業をしていたヘタレのところまで来て、
「ありがとうございました。」って言ってくれたんです。

…すごくうれしかったです。
だって案内した後どこへ行ったかわからない店員をわざわざ探してまで、「ありがとう」と言いに来てくれたんですよ?
「売り場まで案内する」という、書店人にとってただ当り前のことをしただけなのに。

こんな気持ちのいい「ありがとう」があるから書店の仕事って楽しいんですよね。
最近落ち込み気味のヘタレでしたが、このお客さんに救われたような気がします。

「明日もがんばろう!」
そんな気持ちにさせてくれた一日でした。




↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

百鬼徒然袋~飴~ 
 2007/10/29 Mon 01:40:40  E d i t
今日はヘタレのお店のあるショッピングセンターで「ハロウィンイベント」が催されました。
仮装した子どもたちが館内のお店を周り、お菓子をもらうというイベントです。
ヘタレは子どもたちにお菓子を配る係に任命されました。

「こちらもお化けの格好をして、子どもたちを驚かせてあげなさい。」

「とりあえず、子どもたちを本気で追いかけまわしてみてはどうですか?」

などと、恐ろしい発言をするお店のメンバーを軽くたしなめながら、
イベントが始まるまで仕事をしてました。

子どもたちがお店の前に集まったのは夕方、
係の人に呼び出されて入口まで出向くと、
魔女や妖精の衣装に身を包んだ子どもたちが10数名、
中にはティガー(くまのプーさんに登場するトラ)の着ぐるみを着た子どもの姿も!
…う~ん、凝ってるなぁ(汗)

係の人の掛け声とともに
「トリック・オア・トリート!」と大合唱する子どもたち、

「イェーイ!ハッピーハロウィーンっ!」

と打ち合わせで事前に決められたセリフで声かけし、
お菓子とお店で用意したアンパンマンのシールを配ってイベント終了。
子どもたちは別のお店へお菓子をもらいに行きました。

(…本当にイタズラだけはしてくれるなよ。)

と心の中でつぶやきながら子どもたちを見送ってましたが(笑)

ハロウィンイベントも無事終了し家に帰る途中、胸のあたりに違和感を感じ
シャツの胸ポケットを探ると何故かジャック・オ・ランタンの顔をした飴玉が出てきました。
お菓子を配るとき、子どもたちの視線に合わせるためずっとしゃがんでいたので、
もしかしたら子どもたちの誰かがこっそり入れてくれたのかもしれません。

「来年またやってもいいかな?」

口の中に広がる合成着色料と、ほんの少しの幸福感を味わいながら帰路につくヘタレなのでした。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/28 Sun 00:29:57  E d i t
神田神保町古書街 2008―全171軒エリア別最新ガイド (2008) (毎日ムック)神田神保町古書街 2008―全171軒エリア別最新ガイド (2008) (毎日ムック)

毎日新聞社 2007-10
売り上げランキング : 8813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

憑き物落としをしてくれる古本屋を探し…いえ、忘れてください。
外から眺めるだけで一度も入ったことがなかった古本屋に行ってみたいと思い購入した1冊。

お店の紹介がジャンルごとに分かれて載っている新設設計。
大好きな落語の本やCDを扱っている店も紹介されていたので、
今度の休みにでも神保町へ行ってみようかな?

掘り出し物が見つかるといいなぁ。
でも、さすがに「~百万円」の本とかは無理だけど(汗)

ヘタレの古書街デビューの日は近い。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

リファレンジャー再び 
 2007/10/27 Sat 00:39:29  E d i t
「“ブルーナントカ”っていう写真集のシリーズが何作でているか?」
という問い合わせがありました。
ずいぶん昔に同じ本の問い合わせを受けたことがあったので、

ヘタレ:「あー、たしか動物の写真集でしたよね?表紙にゴリラの写真とかあった…」

とお客さんに確認、そんな本だったということで検索開始。

でも、正式なタイトルってなんだったっけ?
タイトルに「ブルー」ってついていたのは間違いないんだけど…
あ、そうだ。確かタイトルの終わりに「ブック」ってついていた気がする。

とりあえず検索キーワードに「ブルー ブック」と入力して検索。
…だめだ、2000件以上出てくるな。

次にGoogleで「ブルー ブック ゴリラ」で検索。
古い本で「ブルーブック」という本がヒットしたけれどシリーズじゃないな…

あ゛ぁー!ここ(喉元)まで出かかってるのになぁ!?

「ブルー」と「ブック」がつくのは間違いないのに!


藁にもすがる思いで普段は滅多に使わないAmazonの本のページで再検索。
すると見覚えのある表紙がズラズラっと!

で…出たぁーっ!(喜)

検索結果に表示されたのは「ブルーデイブックシリーズ」
そっかぁ、「ブルーデイブック」はシリーズ名で、タイトルはそれぞれ違ったんですね。
どうりで検索に引っ掛からないわけだ!

検索結果をお客さんに確認してもらうとこの本で間違いないとのこと。
ヘタレも本の表紙を見て完全に思い出しました。
たしか2年前の同じ時季にあるお客さんから知り合いへのプレゼントを選んで欲しい
と相談を受けた際、この本をお勧めしたんでしたっけ。

ヘタレがそのことを話すと、お客さんも過去にこの本をプレゼントしたことがあると
ニコニコしながら話してくれました。
しばらくこの本について雑談をした後、
お客さんはシリーズを2冊注文して帰って行きました。

リファレンスはこれにて完了。
お客さん曰く、「ハッピーな気持ちになれる本」だそうです。
…気になるなぁ、ヘタレも1作目から読んでみようかなぁ?

ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。
ブラッドリー・トレバー グリーヴ Bradley Trevor Greive 石田 享

竹書房 2000-11
売り上げランキング : 9301
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

呪い、発動 
 2007/10/25 Thu 23:25:54  E d i t
今週の火曜から念願の新しいアルバイトが入りました。
ギリギリではありますが、これで何とかお店を回していける…
と、ホッとしていたのですが、

休日で部屋の中でくつろいでいたヘタレの携帯に店長から電話が、

新バイトさんが大病を患っていることが発覚!
お店を休んで入院しなければならないとのこと。



うわぁぁぁん(涙)


求人広告にお金使うより、お祓いしてもらった方が良いのかも?

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/25 Thu 02:57:57  E d i t
ホテルジューシーホテルジューシー
坂木 司

角川書店 2007-09
売り上げランキング : 21588
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ひきこもり探偵」シリーズ以来、まったく手を付けていなかった坂木先生の本。
沖縄のホテルで起こる様々な謎を解いていく「日常ミステリ」もの。

話の随所に過去の作品に出てきた人物や会社が登場していて、
ちょっとびっくり。

シンデレラ・ティースシンデレラ・ティース歯医者でアルバイトをしている友人あまなつAdhover シンデレラ・ティース」とか、

ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデーハチのマークの運送会社あまなつAdhover ワーキング・ホリデー」とか

…それぞれ違う版元から出てるのに(笑)
出版社という垣根を越えた作品というのは実に面白いですね。

この本の中に挟んである特別読み切り「ホリデーとホテルと僕」
もバトンのような役割をしているのでしょう。
この本には「第二章」が挟んであったので、「第一章」が入っている「ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデーワーキング・ホリデーあまなつAdhover ワーキング・ホリデー」も読まなければ!

ちなみに「第三章」は11月に発売する「先生と僕」に入っているそうです。
楽しみだなぁ、それまでは坂木先生の既刊本をコンプリートしとこう。



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

屁理屈ですが、何か? 
 2007/10/25 Thu 01:20:56  E d i t
時間が経つのは早いもので、気づけば月末。
読書量が増えるにつれヘタレの財布もぺったんこになってきました。

「読むのは文庫本だけ」を貫いていたヘタレでしたが、
最近はハードカバーばかり読んでます。
しかし、これではブログのタイトルでもある「文庫生活」にはなりません。

そこで考えたのは「そもそも『文庫』とはなんぞや?」ということ。
wikipediaによれば、

<文庫>
文庫(ぶんこ)は、原義としては文書、図書を収蔵する書庫を意味し、
まとまった蔵書、コレクションやそれを所蔵・公開する図書館、
さらには転じてまとまった形態によって出版される叢書を指す出版形態などに
用いられる多義語である。


…なんと、別に文庫本じゃなくても意味は通じるではないですか!?
己の信念を曲げることには多少の抵抗はありますが、
ブログ開設1周年を前に「新しい風」を入れてみるのも良いかなぁ、と思うのです。

本がいっぱい詰まった書店での奮闘劇としての「文庫生活」

本の版型にこだわらない、レビューサイトとしての「文庫生活」


書店ではあいかわらずヘタレ丸出しで、
本のレビューも読めたものではないですが、
これからの「文庫生活」も温かい目で見てくれると…嬉しいなぁ(汗)



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/24 Wed 01:31:51  E d i t
人員不足に悩まされる毎日を打破すべく、求人雑誌に広告を載せました。

さっそく電話で募集に関する問い合わせがかかってきたのですが、
電話の声の主からトンデモナイ発言が…

声の主:「…で、お店はどの辺にあんのー?」


前もって調べろやぁぁぁっ!(怒)


態度といい、言葉遣いといい、働かせてほしいという意思がまったく感じられません。
しかし選り好み出来ない状況ということもあり、ここはガマン。
「一応」面接のセッティングはしたのですが、後日、面接をした店長から衝撃の事実が、

店長:「不採用。だって面接中にアメ舐めてたもん。」


うをぉぉーい!?(焦)


聞けばここのお店、面接に来る人のほとんどがこんなのばっかりなんだとか…
「今年の冬は乗り越えられないかもしれない」
お先真っ暗で頭を抱えずにはいられないヘタレなのでした。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/23 Tue 10:39:50  E d i t
氷の海のガレオン/オルタ (ピュアフル文庫)氷の海のガレオン/オルタ (ピュアフル文庫)
木地 雅映子

ジャイブ 2006-11
売り上げランキング : 7263
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
木地 雅映子の「悦楽の園悦楽の園悦楽の園あまなつAdhover 悦楽の園」という本を読んでみたかったけどヘタレの財布が危険信号を
発したため、著者デビュー作であるこの本を購入。

学校の中で孤立する少女の、心境の変化を描いた作品。

容姿や言動が自分たちと違うというだけで異端者扱い…
「学校」という名の小さな社会は時に残酷な一面を見せます。

主人公の杉子も異端者扱いされる一人。自らを「天才」と思い込み、クラスメートたちを見下すことで自分を守ろうとしますが、
彼女の心のよりどころでもある、庭に生えているナツメの木「ハロウ」の前では
弱い部分をさらけ出します。

他の子どもたちと違った考えを持つことは「普通じゃない」ことになるのか?
そもそも「普通」ってなんなのだ?

ただの木であるハロウは杉子になにも語りかけてはくれないけれど、
そんなハロウに「やさしさ」を感じてしまうのは、この本の魅力のせいかもしれません。

何度も読み返したくなる作品、ヘタレもただいま再読3回目。
大人も、子どもも楽しめる一冊です。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/22 Mon 02:36:36  E d i t
休憩中、たまたま隣のベンチに座ったおじさんから声をかけられました。
着けていたエプロンからヘタレが本屋であることに気付いたのか、
最近の本についてあれこれ聞かれました。
今日はそんな会話の中で遭遇した出来事です。

おじさんもヘタレと同じで、電車の中で本を読むんだそうで、
読書家の娘さんから本を借りているんだとか、

ヘタレ:「へぇ~、娘さんは小野不由美がお好きなんですねー。」

おじさん:「そうそう、あと“ナガセ マミ”も好きなんだよね。」

ヘタレ:「あー、ナガセ マミですかー?…って、誰です?(汗)


必死に頭の中の作家リストを照会するヘタレ。
けれどもヒット件数は残念ながら0件、
…「山瀬まみ」は作家じゃないしなぁ?

おじさん:「あの人もたくさん本を書いてるけど、短編ものが多くて、
       行きの電車だけですぐ読み終わっちゃうんだよねー。」


小野不由美が好きな娘さん…ナガセマミ…短編ものが多い…
このキーワードである一人の大物作家の名前が浮かんできました。

ヘタレ:「…ひょっとして「○○ ○○○」じゃないですか?」

おじさん:「おぉ、その人、その人!ちょっと勘違いしちゃってたなー。」

ヘタレ:「文庫本でも薄いものが殆どですからねー。2,3冊持ってこないと
     足りないかもですねー。」


なんとか今回も書店人のメンツを守りきりました。
おじさんが勘違いしていた大物作家が誰だったのかは今回は秘密にしておきます。

解った方はヘタレに「こっそり」と教えてくださいね。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

読書のはなし 
 2007/10/21 Sun 02:37:20  E d i t
「本を読む」といっても個人によってさまざまな手法?があります。
一字一句丁寧に読み進めていく人、斜め読みして済ませてしまう人、
映像をイメージしながら読む人、何度も読み返していく人などなど…
ヘタレの場合はちょっと違います。

文章を読む、というよりは自分が本の世界の一部になる感じ。
その世界はぼんやりとしていて、なかなか掴みづらいけれど、
その世界に存在している感覚だけはハッキリとイメージできるんですね。

例えば空の蒼、むせかえるような緑の匂いとか

例えば殺人現場に漂う張りつめた空気とか

例えばやさしさ、こぼれる涙の温かさとか

そんな感触を体で感じながら、物語の流れに身を任せている、そんな感じ。

…う~ん、なんて言ったらいいんでしょう?うまく表現できませんね(汗)
「活字の海に溺れる」という言葉にあてはめるのなら、
ヘタレは「活字の川を漂う」といったところでしょうか?

次の「川」はどんな姿を見せてくれるのだろう?
そんな期待を胸に抱いて、今日もヘタレは漂い続けるのでした…


↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/20 Sat 00:27:26  E d i t
サライ 2007年 11/1号 [雑誌]サライ 2007年 11/1号 [雑誌]

小学館 2007-10-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回の「サライ」の表紙に書かれている「千両みかん」の文字、
実はこれ、落語の演目なんですよね。
この表紙を見たとき、「季節外れだよなぁ?」なんて思ったものですが…

と、いうわけで今回は落語「千両みかん」をご紹介。


-- 続きを読む --

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

起きて、びっくり 
 2007/10/19 Fri 00:49:40  E d i t
今日はお休み…だったのですが、
なんと起きたのは夜の7時。
薬を飲んで寝ていたらこんな時間に!

…生まれて初めての経験にかなり驚きです。
疲れてたのかなぁ?
せっかくの休みを無駄にした気分です。

う~ん、これからちゃんと寝られるのでしょうか?(汗)
とりあえずもう一度薬飲んで寝よう…ZZZ

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/17 Wed 23:49:58  E d i t
道具屋殺人事件──神田紅梅亭寄席物帳  [ミステリー・リーグ] (ミステリー・リーグ)道具屋殺人事件──神田紅梅亭寄席物帳 [ミステリー・リーグ] (ミステリー・リーグ)
愛川 晶 解説・鈴々舎わか馬

原書房 2007-08-23
売り上げランキング : 66137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「つぎの高座にあの人を呼んどいてくれ、
                このサゲですべてのケリがつく」



高座の最中、扇子の中から発見された血染めのナイフ。

後輩にかけられた殺人容疑。

妻の知り合いには詐欺容疑。

次から次へと巻き起こる騒動を落語で解決!
その名は落語家探偵「二つ目、寿笑亭福の輔」

落語を題材としたミステリーは多々あれど、
高座で落語を演じることで事件を解決するというスタイルは斬新。
寄席に通うだけでは分からなかった落語界のルールや、
古参の噺家たちのコアなエピソードも書かれていて勉強になりました。

…シリーズ化しないかなぁ?


↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/17 Wed 00:54:18  E d i t
ペンスピ魂ペンスピ魂
1週間編集部 PenDolSa

講談社 2007-10-06
売り上げランキング : 3678
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本日最後に問い合わせのあった本。

「ペンスピ」とは「ペン回し」のこと。
指先でペンをクルクル回す、アレですね、
普段何気なくやってる方も多いのでは?
で、「落ち着きがない」なんて怒られている人も…(笑)

この本にはかなり高度なペン回しテクニックが紹介されていて、
それを見世物にしている集団が外国にいるんだとか。

小学生くらいの男の子から問い合わせを受けたのですが
もしかして学校で流行ってるのかなぁ?

でものっけから「ペンスピの本ありますか?」って聞かれても
ヘタレにはちんぷんかんぷんですよー(涙)
せめて「ペン回し」って言って欲しかったなー。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

ヘタレ、風邪をひく 
 2007/10/15 Mon 23:48:02  E d i t
朝から調子がおかしいと思っていたんです。

レジでは釣り銭を落っことすし、

料理の本を文芸書の棚に入れようとするし、

注文するのに違う版元さんのところにかけちゃうし、

…そして何より、関節が痛い。

「きっと気のせいだ」と体に活をいれながら頑張っていたのですが、
お店のメンバーがトドメのひとこと、

「ヘタレオオカミさん、風邪ですか?」

その単語を口にするなと言うとろーにっ!?(涙)

ゔぁぁ、「風邪」という単語を聞いてから病状が悪化したような気がする…
「病は気から」とはよく言ったものです。
皆さんも充分お気を付けください。
そして、風邪っぽい友人・同僚をみても決して「風邪ですか?」と聞かないように(汗)

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

下町散歩 
 2007/10/15 Mon 02:02:44  E d i t
隅田川

急に隅田川を見たくなったので某所まで足を運んできました。

駅を降りると今日はお祭りをやっていたらしく、謎の集団が踊りながら一般道を練り歩いていました。
…なんか「一世風靡」みたいな人たちでしたが(汗)
その集団から逃げるようにして隅田川近くの公園へ、

この公園にお祭りの本部があったらしく、グラウンドには出店がならんでいました。
力士さんたちがちゃんこを作って売っていたので並んで購入。
熱いちゃんこをすすりながら隅田川へ行きました。

下町の夕暮れの中、滔々と流れる隅田川をしばらく「ぼー」っと眺めていました。

どうして急に隅田川が見たくなったんだろう?という疑問が
一瞬頭をよぎりましたが、それは隅田川に流してしまうことにしました。

今日はあいにくの曇り空。

「今度来る時は晴れているといいな…」

なんて考えながら独り隅田川を後にするヘタレなのでありました。



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/14 Sun 03:54:48  E d i t
晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)
大崎 梢

東京創元社 2006-09-30
売り上げランキング : 22468
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たがが二十坪程度のフロアが、そっくり小宇宙になっている。

時間も場所も飛び越えて、無限の世界に繋がっている。
(本分より)

書店には毎日、新しい本が入荷してきます。
大量に送られてくる本を陳列し、「今、何が売れているのか」を見極めなくてはなりません。

本を並べる場所、展開方法、入荷数は適量か?などなど…

こうした試行錯誤を絶えず繰り返し「売れる本」だけを棚に並べていく。
このとき売れる本が揃っている棚を「生きた棚」、
お客さんが手にとってもくれないような本ばかりの棚を「死んだ棚」と呼んでいます。

「生きた棚」を作っていくことが書店人にとってもお客さんにとっても有益であることは明白ですね。
けれども実際はなかなかうまくいきません。
日々の業務に忙殺され、じっくり棚を見る時間もありません。
また、よかれと思って作った棚が上司の「美学」にそぐわないという理由で
撤去されるということもしばしば…
そんな日々を送るヘタレにとって、この一文は衝撃的でした。

「本」と「人」を繋ぐのが「書店人」というのがヘタレの持論でしたが、
作中に登場するこの店舗はそれに加えて「新たな発見」という要素が組み込まれていて、
ヘタレの理想よりさらに上をいってます。

自分がこの域まで達するのにどれだけかかるだろう?
そしてヘタレはそのときまで「書店人」を続けているんだろうか?

…事件そっちのけで人生の遥か先にそびえたつ大きな壁を幻視したヘタレなのでありました。


↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

棚卸、終了 
 2007/10/13 Sat 00:16:43  E d i t
今日は年に一度の棚卸の日でした。
お店の現在庫と売上データを比較してお店の損益を出す業務ですが、
書店さんによってそのやり方は様々です。

うちのお店の場合、一日アルバイトを雇って、
小型の端末で本の後ろについているバーコードをスキャンするという方法を採っています。
機械慣れしているアルバイトさんをどれだけ多くゲットできるかが
作業を円滑に進めていくためのカギとなります。

うちのお店は幸いにも去年棚卸を経験したアルバイトさんが多かったこともあり、
他の店舗に比べて早い段階で作業を終わらせることができました。

…とはいえ、今日は早朝から今まで働き詰めだったのでかなり疲れました。
人手不足のため、明日は休み返上で朝から晩までフル出勤(涙)

安息の日が訪れるのはまだまだ先のようです。
明日もがんばろう…


↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn
 2007/10/10 Wed 01:43:05  E d i t
帰宅途中、電車待ちをしていたヘタレの前を黒い人影が通り過ぎました。

黒いブラウス

黒いロングスカート

黒いソックスに黒いヒール

そして全身を覆うほどの黒マント


…「魔女」です、絶対「魔女」ですよあれは


疲れていたせいか、その姿をみた瞬間からヘタレの頭の中はファンタジーモードです。

我々俗人と同じように携帯電話のようなものをしきりに操作しているけれど、
あれは魔界と交信しているはずだ!

携帯にぶら下がっている四つ叉の赤い色した物体は「マンドラゴラ」にちがいない!

四角い革カバンの中には呪術に使う道具が詰まっているんだ、きっと!

周りの人たちは気付いてないのか?
…いや、恐らくヘタレ以外には見えていないんだ!


などと当人に対して無礼なことばかり考えておりました。

「黒ミサの帰りですか?」と声をかけてみたかったのですが、
魔女さんはヘタレとは反対側のホームに来た電車に乗って去って行きました。
もしかするとこれは最近流行りの「都市伝説」なのかもしれません。

…信じるか信じないかはあなた次第ですよ。



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn
 2007/10/08 Mon 23:36:06  E d i t
人生で一度でいいからバカをやってみたいと思っている諸兄が
この世の中にはごまんといます。(…いるはずです、多分)
ヘタレもその中の一人です。

2年前書店にやってきた「それ」を見たときからずっと、
いつかやってみたいと思っていたことがあったのです。
「それ」は今現在、書店で働いている人たちは一度は目にした、
あるいは毎日見ているのではないかと思います。

店長に事情を話し、
「写真付きで報告をすること」を条件に「それ」を引き取る承諾をもらい、
丁寧に梱包してからお店を後にしました。

途中必要なものを購入し、帰宅。
さぁ、いよいよ決行の時!
ヘタレの夢が今夜、現実のものになります。

書店人、ヘタレオオカミの一世一代の愚行をとくとご覧あれ!


-- 続きを読む --

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/08 Mon 14:00:00  E d i t
枯ーれーた花を~、咲ーかーせまーしょ~う♪

「鬼ころし」のCMで使われている曲、
Aquatic Lover'sの「枯れた花を咲かせましょう」
一発で聴き惚れてしまいました。
アーティストのHPで確認したところまだCD化されていないようです。
…早くCD化されないかなぁ?

そういえば、以前タレントの永作博美が出演していた「月桂冠 『月』」のCMで使われていた
安藤裕子の「のうぜんかつら」もヘタレの琴線に触れる曲でした。

もしかするとヘタレはお酒のCMで使われている曲に弱いのかもしれません。

件の曲は現在コチラで試聴ができるので、気になった方はドウゾー。



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

ネコの手も借りたい 
 2007/10/07 Sun 23:13:33  E d i t
終業前に店長から驚愕の一言、

店長:「明日は人がいないから、
  夕方まで私と2人きりでお店を回すよ?


ヘタレ:…アハハハハハハハハッ!(壊)


もう笑うしかないですね、これは。
明日のためにしっかり休養とっとかないと(汗)



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

パンダに囁いてもらう 
 2007/10/06 Sat 22:51:00  E d i t
配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
大崎 梢

東京創元社 2006-05-20
売り上げランキング : 21846
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

帯に書かれていた、「書店の謎は書店人が解かなきゃ!」というフレーズがいたく気に入って購入。
ヘタレの期待通りの面白さでした!

なかでも特におもしろかったのが第一話「パンダは囁く」ですね。

「あのじゅうさにーち、いいよんさんわん、ああさぶろうに」

出版社は「パンダ」

という要求リストの謎を解くおはなしで、
問い合わせ大好き人間のヘタレのツボにハマりました。

…で、今回は読まれた方向けにヘタレオオカミからのメッセージを送ってみようかなと。

大したことは書いてませんが、暇つぶし程度にお付き合いください。
どうしても解けない方はこの本で正解を確認するのもおもしろいかも?

すでに読んだ、または解き方がわかった方、
この暗号、解いただけではメッセージはわかりません。
…けれども、頭ごなしに読んでいけば解けるかもしれませんよ?
-- 続きを読む --

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

青春、崩壊 
 2007/10/06 Sat 00:05:45  E d i t
紀香バディ!紀香バディ!
講談社VOCE編集部

講談社 2007-08-21
売り上げランキング : 112
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この本が発売された日、店長とこの本について雑談していたときの出来事です。

店長:「テレビでこの本が紹介されていて、
    藤原紀香が、『編集はしていません。』っていってたよ。」


ヘタレ:「…?『編集』ってどういうことですか?」

店長:「えー、知らないの?グラビアアイドルって
    写りが良くなるように顔とか肌質とか編集するんだよ?



…な、何だってぇぇぇっ!?(驚)


この驚愕の事実を突き付けられると同時に、
若かりし頃コミック雑誌のグラビアページを悪友たちと回し読みしていた思い出が
ガラガラと崩れていく音を聞いたような気がしました…

うぅ…
僕の青春を返してくれっ!(涙)




↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2007/10/03 Wed 00:15:04  E d i t
ひと月前にアルバイトを送別してから、メンバーの戦線離脱が流行り始めました。

「ノリが合わない」という理由で辞めていった人。

夜間チーフから昇格し、定期的にお店にこれなくなった人。

自転車で転んでケガをした人。

「おめでた」な人。

ヘタレがこの店に着任してから合計6人のメンバーが離脱
…お店のメンバーの半数じゃないかっ!?(涙)
もしかしてこの店は呪われているのか?
いや、むしろヘタレが呪われているのかも?

神父:「おお、わがきょうかいになんのごようかな?」
 
 おつげをきく
 おいのりをする
 いきかえらせる
 どくのちりょう
→のろいをとく


呪いを解いてっ、解いてぇぇっ!(涙)

「のろいをとく」を連打するも、その願いは聞いてはもらえず、
目の前が真っ暗になるヘタレオオカミなのでした…。



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

都民の日 
 2007/10/02 Tue 00:27:58  E d i t
開店時間から家族連れが多いなぁと思っていたら、
今日は何と「都民の日」で学校はお休みなんだとか。

…ってことはあれですか?

東京都民は9月中旬から来週まで、土、日、月と
3連休が続いてるってことですかい!?


いいなぁ、都民。
まぁ、もしヘタレが都民になったとしても書店人には休みがないんですけどね…(涙)

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

堪忍してぇ…(涙) 
 2007/10/01 Mon 01:42:04  E d i t
ボク、お願いだから
本の上に寝転がらないでぇ~っ!

お嬢ちゃん、頼むから
本のビニールを破かないでぇぇっ!

君たち、お願いですから
読んだ本は元の場所に戻してぇっ!


…っていうか親御さん方、

子どもを放し飼いにしないで…(涙)


↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn
ヘタレオオカミと文庫の森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。