11 «  2006 / 12  » 01
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
「本」と「人」をつなぐお手伝いができるよう、日々精進する書店人のぺえじ
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
 2006/12/31 Sun 02:12:43  E d i t
宇宙でいちばんあかるい屋根宇宙でいちばんあかるい屋根
野中 ともそ

角川書店 2006-07
売り上げランキング : 202746
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

平穏な日々を過ごす14歳の少女、「つばめ」と、
夜空の下、ビルの屋上で出会ったキックボードに乗る不思議な老人、「星ばあ」との
交流を描いた作品。


「子どもだからってわがままが通ると勘違いしてる甘えたくそがきに、
 あたしゃ世間をわからせる使命を負ってんのさ。」



星ばあの言葉はいつだって乱暴だけれども、
その言葉ひとつひとつが妙に心地いい。

今年もいろいろあったけど、
この本に出会えてよかった。と思わせてくれる一冊。

スポンサーサイト

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

 2006/12/30 Sat 01:41:18  E d i t
龍の館の秘密龍の館の秘密
谷原 秋桜子

東京創元社 2006-12-21
売り上げランキング : 10822
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日紹介した「天使が開けた密室」のアルバイター美波シリーズ第2弾。

前回の事件のお詫びとして美波が紹介されたバイトは、「立っているだけで1日2万円!」
・・・留学生と托鉢の仕事をすることになってしまいます。
バイト先の宴会で酔っぱらってしまった美波が目を覚ますと、そこはなんと有名な画家が設計したというトリックアートあふれる「龍の館」
そこでまたまた殺人事件にまきこまれてしまい・・・というおはなし。

2作目からミステリ色が大幅アップされましたね。
仕掛けいっぱいの不思議な館の謎を考えるのもたのしいですし、
館の仕掛けを使った事件のトリックもなかなか。

「館もの」が好きな人におすすめの文庫本?です。



↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ラッピング・ハイ 
 2006/12/26 Tue 02:14:38  E d i t
来るんじゃないかと思ってました。
「のだめカンタービレ」全巻まとめてラッピング

来るんじゃないかと思ってました。
他のお店で買った商品のラッピング依頼

絶対来ないだろうと思ってたのに。
耽美小説本のラッピング


・・・書店人の皆様、今年もおつかれさまでした。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

欧米かっ!? 
 2006/12/20 Wed 22:26:55  E d i t
棚の前で話しをしている2人の奥様がたの会話を在庫チェックしながら
聞いていたのですが・・・

客1:「あ、これこれ、この本面白いのよ~」

客2:「あ~、この本ね。私も読んだわ。」

客1:「一度読み始めると次の展開が気になっちゃってなかなかきりあげられないのよね~。」

客2:「やっぱりミステリといったらカンベ ミユキよねぇ~」

・・・待て

客1:「それとトーノ ケイゴも面白いわよ。」

・・・待てやぁぁぁぁっ!!

このお客さんにツッコみをいれたい、でもできない・・・
胸の奥底から湧き上がる「書店人的ツッコみ魂」を押さえつけながら
在庫をチェックし続けるのでした・・・

ちなみに本日の欠本は67冊、
ツッコんでる場合じゃないや、注文しよ・・・

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

ブックマンズ・コード 
 2006/12/18 Mon 02:37:10  E d i t
本の問い合わせを受けるとき、大半のお客さんは、
欲しい本のタイトルがうろ覚えだったりする。

書店で働いたことのある方なら誰でも一度は経験したことがあるでしょう。
「出版社は判らなくても良いからせめてタイトルだけはきちんと調べてきて欲しい・・・」
そう思ったのでは?

今日はそんな問い合わせの中でも特に印象に残ったものをいくつか紹介したいと思います。
皆様も書店員になったつもりでこれらの難問に挑戦してみてください。
(反転すると答えが見れますよ)

① 「数独(ナンクロ)みたいなパズルなんだけど、そうじゃないやつ」
答え:「宮本算数教室の教材賢くなるパズル」
テレビ番組「情熱大陸」で紹介されてから、似たような問い合わせが殺到しました。

② 「なんか偉そうな子どもが出てくる哲学的?な感じの有名な本」
答え:「星の王子様」
偉そうな子どもって・・・
はじめに聞いたときは新手の嫌がらせかと思いました。

③ 「少し前に流行った緑色した本」
答え:「Good Luck」(アレックス・ロビラ著)
もーどこからがヒントなのか見当もつきませんでした。
このときばかりは本屋の神様に感謝しましたよ。

いかがでしたでしょうか?
うろ覚えというか、もうこれ「暗号」ですね。
書店での問い合わせをスムーズにするためには、
事前に正確な本のタイトルをメモしてくることをおすすめします。
-- 続きを読む --

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2006/12/15 Fri 03:14:22  E d i t
天使が開けた密室天使が開けた密室
谷原 秋桜子

東京創元社 2006-11-30
売り上げランキング : 32022

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひさしぶりに「表紙買い」してしまった文庫本。

行方不明の父親を探す資金を稼ぐため、日々アルバイトに努める主人公、「美波」。
ある日知り合いから「寝ているだけで5千円」というおいしいバイトを紹介され、
真っ先に飛びついた美波だったが、紹介されたのはなんと病院で亡くなった人を
霊安室まで運ぶ、「死体運び」のアルバイトだった。
しかもそのバイト先の病院で殺人事件に巻き込まれ・・・というおはなし。

典型的な少女マンガを読んでいるような気分にさせられます。
ストーリーや舞台設定も非現実的だし、トリックも感の良い人なら
すぐに判ってしまうのではないかと・・・


シリーズ第1弾とのことで、今月には2作目が発売される予定。
とりあえず次回に期待!ということで・・・

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書籍紹介 - ジャンル:本・雑誌

スピードキング 
 2006/12/12 Tue 01:12:05  E d i t
12月3週目、

多くの書店にとっては地獄の季節がやってまいりました。

ラッピング戦争の幕開けですよっ!

うちのお店は絵本のニーズが他より高いため
クリスマスが近づくとプレゼント包装の依頼が殺到するのです・・・

プレゼント包装の基本は「斜め折り」
(詳しい折り方はこちらをご覧ください)

お店のルールではこれを1分以内に完了させなければいけません。
(大抵のお客さんは1分以上待たされると遅いと感じ始めるからです)

いかに速く、かつ綺麗に包むことが出来るかがポイントです。

ベテランのパートさんのベストタイムは65秒、
制限時間はオーバーしているものの、ど素人のアルバイトと比べると断然速いですが、
今年は人員が去年より少ないのでちょっと心配です。

乗り切れるかなぁ・・・?

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2006/12/08 Fri 00:18:28  E d i t
3日で運がよくなる「そうじ力」3日で運がよくなる「そうじ力」
舛田 光洋

三笠書房 2006-09
売り上げランキング : 108
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分は小説以外の文庫本は読まないのですが、とうとう実用系の本にも手を出してしまいました。

本を開くまでそうじのテクニックが書かれている本だと思っていましたが、
ちょっと違うようですね・・・

「部屋は自分の心を映し出す鏡」といわれているように、
乱れた部屋の中で生活していると心も乱れてしまう。

これは、溜め込んでいるガラクタや各所にこびりついた汚れが、
マイナスエネルギーとなって自分の生活に悪影響をおよぼすからなのだそうです。

このような現状を認識し、「意識しながらそうじをする」ことによって生活は改善されるというのが
著者の言いたいことなのでしょう。

本書のいたるところに「磁場」とか、「波動」とか書かれていて、ちょっとうさんくさい感じもしますが、とりあえずだまされたと思って実践してみます。

・・・3日後が楽しみです。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

違うんです・・・ 
 2006/12/05 Tue 22:27:29  E d i t
お客さん、違うんです。

ハードカバーの本が「単行本」なんです。
文庫本のことじゃありません。


だからお客さん違うんです。

発売日の前に新刊が入荷することはめったにないんです。
いじわるして隠しているんじゃありません。


お客さん、違うんですよ。

その本はそういうデザインなんです。
汚れているんじゃないですよ。



・・・・だから違うんだってば。

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

本屋の仕事 
 2006/12/03 Sun 00:57:30  E d i t
僕はいままで本屋とは本を売るのが仕事だと思っていました。

でもそれは大きな勘違いでした、勘違いだったんです。

まさか書店人になってアンパンマンの着ぐるみを
着ることになるなんて思ってもみませんでしたよ・・・orz


通気性ゼロの蒸し風呂状態で1時間、子どもの相手をしなければならなかったのですが、

①.フレンドリーに近寄ったら何故か大泣きされました

②.足の親指と親指のあいだにアンパンチがクリーンヒット

③.別れ際に「じゃあね、がんばってね中の人」と激励をうけました

子どもは本当に無邪気ですね♪
-- 続きを読む --

↓ランキング挑戦中です。押してくれると小躍りする…かも?
blgbnn

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

 2006/12/01 Fri 20:01:39  E d i t
ポプラの秋ポプラの秋
湯本 香樹実

新潮社 1997-06
売り上げランキング : 69661
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近所の中学校で冬休みの課題図書にされているそうです。

幼いころ引越し先のアパートで出会った大家のおばあさんと交わした約束のおはなし。

この著者の作品をを読むたびに思うのですが、文章表現がホントにうまいですね。
たった数行の文章なのに登場人物や人間関係など、さまざまな光景が
頭の中に浮かんでくるんですよ。

おはなしがハッピーエンドで終わるところもいいですね。
読んだ後すがすがしい気持ちになります。

毎年、新潮文庫夏の100冊にリストアップされている「夏の庭」はまだ読んだことがないので、今度読んでみようかなぁ・・・

全国のおばあちゃんっこにおすすめしたい文庫本です。

ヘタレオオカミと文庫の森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。